新着物件情報

提案事例 提案事例

マンションごとに異なる、「空室ゼロ」への解決策。その答えを導く力が私たちにはあります。

マンションごとに異なる、「空室ゼロ」への解決策。その答えを導く力が私たちにはあります。

物件をお持ちのエリアや周辺環境など、
空室が埋まらない理由は様々です。
調査を基に、物件ごとに対策をご提案させて
頂きます。

提案事例

1.ターゲットを意識した家具・家電の設置で空室改善 1.ターゲットを意識した家具・家電の設置で空室改善

BEFORE 家具・家電設置前 BEFORE 家具・家電設置前

空室対策研究所からのご提案

入居者のニーズを把握し、家具・家電を設置することで部屋のイメージがしやすくなり、入居促進に繋がります。
特に一人暮らしを考える初期費用を抑えたい学生さんや、若い入居者の方への反応がよく、他社の家具付き物件から引っ越されることもございます。

AFTER 家具・家電設置でお問い合わせ急増物件に AFTER 家具・家電設置でお問い合わせ急増物件に

ご提案の成果

物件に高い付加価値をつけることで、空室期間240日の物件を募集開始から成約まで30日で飛躍させることができました。

2.物件の魅力を引き出す物件資料で成約期間短縮 2.物件の魅力を引き出す物件資料で成約期間短縮

BEFORE 一般的なワンルームの募集資料 BEFORE 一般的なワンルームの募集資料

空室対策研究所からのご提案

テンプレート化された物件資料を使わず、営業マンの「成約したい!」という想いを込めた魅力満載の“魂を込めた”物件資料を作成します。
募集条件や建物の情報、室内設備、さらに建物周辺状況まで、あらゆる情報を掲載します。

AFTER オリジナル物件資料作成成約期間短縮 AFTER オリジナル物件資料作成成約期間短縮

ご提案の成果

物件の魅力を引き出し、加えて、仲介業者と情報共有することにより鮮度の高い情報を提供し、成約期間を大幅に早めることができました。

3.監理委託先を見直し、紹介エリア拡大 3.監理委託先を見直し、紹介エリア拡大

BEFORE 仲介専任募集だと物件認知度が低くなる BEFORE 仲介専任募集だと物件認知度が低くなる

空室対策研究所からのご提案

問い合わせのない物件は、基本的に認知されていない、もしくは仲介店に原因がある場合が多いです。
物件認知度の強化の為、訪問営業が3,000社以上の仲介業者にアピール。物件の認知度を高めます。

AFTER 訪問営業や多数の仲介業者にアピール物件認知度向上 AFTER 訪問営業や多数の仲介業者にアピール物件認知度向上

ご提案の成果

仲介専任募集を解除し、200件の訪問営業により、紹介エリアを拡大。
その結果、空室21室あったマンションが80日で満室になりました。

4.ガスを見直して、設備投資軽減 4.ガスを見直して、設備投資軽減

BEFORE 築10年を超えると、給湯器やコンロなど設備交換が負担に BEFORE 築10年を超えると、給湯器やコンロなど設備交換が負担に

空室対策研究所からのご提案

築10年を過ぎると、給湯器やエアコン、ガスコンロなどの設備交換が負担になってきます。
そこでガスを見直して、LPガスに変更。

AFTER 設備費を削減、オーナーさまの負担を軽減 AFTER 設備費を削減、オーナーさまの負担を軽減

ご提案の成果

LPガスに変更したことで、給湯器やコンロが無料で取替えできるようになりました。
もし、故障したとしてもオーナーさまには一切負担はございません。設備交換費用が軽減され、維持費削減ができました。